インターネットの画面でページによっては文字が小さくて読みにくいんですが、大きくできませんか?

インターネットの文字を大きくするにはいくつかの方法があります。

インターネットエクスプローラー

例えばWindows7で、インターネットのページを表示するソフト(ブラウザといいます)をインターネットエクスプローラー バージョン9(IE9)を使うとして進めてみます。

  1. ブラウザの拡大・縮小機能を使う
    ブラウザの右下(ステータスバー)に「拡大レベルの変更」ボタンがあります。
    見当たらなければ、ウインドウの上の部分で何もないところ(赤丸で囲った部分)を右クリックして「ステータスバー」をクリックしてチェックを入れます。

    ステータスバーの表示

    拡大レベルの変更

    数字の部分(○○%)を押す毎に拡大率が変化します。
    または、右の▼マークを押すと図のようなリストが表示されますので読みやすい大きさを選ぶことができます。

  2. キーボードで拡大縮小
    「Ctrl」キーを押しながら「+」キーを押す毎に拡大、
    「Ctrl」キーを押しながら「ー」キーを押す毎に縮小します。
  3. キーボードとマウスで拡大縮小
    「Ctrl」
    キーを押しながらマウスのホイールを回す方向によって拡大縮小します。

    マウスホイール

本来ならページ作成側でそのサイトの対象となる閲覧者層に合わせて文字の大きさを決めるべきですが、サイトの内容によっては情報量が多くなり、どうしても文字が小さくなりがちです。
作る側が対処できなければ、これらの方法を使って見る側で対応しましょう。

⇒インターネット入門