エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

こういった並べ替えは、いろいろな施設で「今月の誕生会」などの行事に使える資料になります。

簡単な表を例にやってみます。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

こんな感じでしょうか。

1. まず「生年月日」を元に「年」と「月」を関数を使って取りだします。
D3(結果を表示したいセル)をクリックしたあと、「fx」(関数の挿入)をクリックします。
「関数の分類」から「日付/時刻」を選択。
表示された「関数名」から「YEAR」を選択して「OK」ボタンを押します。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

2.「関数の引数」ウインドウが表示されます。
引数(ひきすう)というのは関数が計算するために必要な値(文字データ・数値データ)です。
ここではシリアル値というものを要求しています。詳しくは別の機会にしますが、ここではどの日付から計算しますかという意味だと思ってください。
ということで、ここに入れるべきはC3の値になりますので、C3と打ち込むかC3のセルをクリック「OK」します。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

3.D3に年である「1921」が表示されました。
同じようにE3をクリックした後fx(関数の挿入)をクリックし、今度は「MONTH」を選択します。
「関数の引数」も上と同じC3です。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

4.E3に月「12」が表示されました。
ではこの結果を下の行にコピーしていきます。
D3とE3二つのセルを選択し、右下の角にマウスを当てると黒い十字マークが出ます。
そのまま下へドラッグしてコピーします。(オートフィル)

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

5.すべてのデータが表示されたら、次はエクセルのメニューから「データ」を開き、「並べ替え」をクリックします。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

6.「並べ替え」のウインドウでは、どのデータを元に並べ替えるかを指定します。
表に項目名がある場合は「最優先されるキー」で項目名が選択できます。
ここでの最優先は「年」ということになります。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

7.続いて「レベルの追加」「次に優先されるキー」を追加し、今度は「月」を選択し、「OK」します。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい

8.どうでしょう。
年別、月別にそれぞれの行が並び変わりました。

エクセルの誕生日データから年別、月別に並べ替えたい